【Airbnbに30泊以上】子連れ旅行してみた【おすすめする理由】

NURSING TRAVEL

こんにちは!シングルマザーのなな(@nanaminehappy7)です。

旅行は大好きで、子どもが2歳までに海外13ヵ国20回以上は行きました。

今まで自分へのご褒美に『ある程度いいホテルに泊まる』というのがデフォルトでしたが、今はもっぱらAirbnbの1択。

  • 『ホテルじゃないとなんか不安』
  • 『Airbnbの予約ってどうするの?』
  • 『フロントが無いけどチェックインは?』
  • 『子連れでも大丈夫かな…』

そう思うかたは、この記事を読むと解決しますよ!

では見ていきましょう^ ^

✔️ もくじ

  • Airbnbは最高です
  • 【Airbnbに30泊以上】子連れ旅行してみた【おすすめする理由】
  • Airbnbのデメリット
  • まとめ

スポンサードサーチ

Airbnbは最高です

ヨーロッパに1カ月×2度いきましたが、友人宅以外は全てAirbnbに泊まりました。

今後もAirbnbの1択だと思います。
エアビー最高。

【Airbnbに30泊以上】子連れ旅行してみた【おすすめする理由】

Airbnbが超おすすめな理由。

  1. 安い
  2. 広い
  3. おしゃれ
  4. 宿の選択肢が多い
  5. プチ移住体験できる
  6. 狙った場所に泊まれる
  7. 現地の人との交流がある
  8. ムダなアメニティ代が無い

ザッとこんな感じです。
とにかくAirbnbは最高なので、もうやめられません。

1.安い

ベトナムのダナンとかだと、めちゃくちゃおしゃれな部屋

もちろん国によりますが、たとえばベトナムのダナンで上の写真のめちゃくちゃキレイな部屋が、

  • 大人1人一泊1,648円(一泊1,427円+サービス料221円)
  • こども追加の場合多少プラスされる(2歳未満・2歳以上で料金が違う場合も)

このくらいです。破格、、、

こけし山田さんのお部屋はホテル。たまにホテルも登録してあります。
日本の新大久保だそうです。

https://twitter.com/travelmonkeypoi/status/1218683688096952320

2.広い

ホテルの広さに対しての料金を比べると、コスパ良すぎます。

✔️ ベトナム・ダナン

この広さで大人1人一泊3,737円!サービス料込みです。

✔️ ベトナム・ホーチミン

大人1人一泊3,979円(サービス料込み)

掘り出し物の宿を探すの、めちゃくちゃ楽しいですよ!

3.おしゃれ

ホテルも素敵ですが、Airbnbにはホテルにない、テンション上がる宿があったりします。

✔️ タイ・プーケット  

プール付き1軒まるごと大人1人一泊5,625円(サービス料込み)

✔️ イタリア・レッチェ

レンガ造りのドーム型もステキ!大人1人一泊8,866円(サービス料込み)

✔️ アイスランド・アークレイリ

アイスランドの雄大な絶景付き1軒屋、大人1人一泊20,054円(サービス料込み)

✔️ ブラジル・モンテヴェルデ

ブラジルのツリーハウス!大人1人一泊13,644円(サービス料込み)。子どもを追加しても同じ料金でした。

このツリーハウス、子どもが喜びそう!

✔️ クロアチア・スリプト

クロアチアのオシャレな宿、大人1人一泊9,049円(サービス料込み)

ホテル選びはベッドも重要ですが、ホテルでもAirbnbでも、写真のような寝心地良さそうな部屋を必ず選ぶようにしてます。

✔️ セルビア・ベオグラード

ベオグラードの1軒屋、大人1人一泊4,524円。ここの部屋のオーナーはベオグラードに3-4軒物件をもっていて、どの部屋もとてもおしゃれでした。

わたしは別の部屋に泊まりましたが、追加で宿泊した時、現金支払い対応してくれるなど、とても快く色々対応してくれましたよ!

✔️ 中国・重慶

上の3枚全て中国の重慶(食べ物めちゃくちゃ美味しい!)のAirbnbですが、どれも大人1人一泊3,500円(サービス料込み)くらいです。

こんな広くておしゃれなお部屋でも格安!

お部屋にバスタブや浴槽がありますが、中国で流行ってるのかなー。

4.宿の選択肢が多い

どの地域でも、選択肢めちゃくちゃ多いです。

条件絞り込み(値段・部屋のつくりなど)しなければ、だいたい300件以上は出てくるはず。

ただ、元々ほんとに人口が少ない国(たとえばアイスランドとか)だと、宿もめっちゃ少なかったです。
さすがに選べなかった…

5.プチ移住体験できる

Airbnbは、プチ移住体験ができます。

  • 『普通とちょっと違う旅行がしたい』
  • 『観光じゃなくて暮らしてみたい』
  • 『いつか移住する時のために下見したい』

普通の旅行も良いですが、『せっかくだからローカルライフを体験したい!』というかたにはピッタリ!

部屋にもよりますが、

  • キッチンあり
  • 食器や調味料あり
  • パスタやライスケーキなど食糧あり
  • 洗濯・乾燥機あり
  • 1LDK
  • 近所にスーパーあり
  • 近所に公園あり

ラッキーな時は、食糧品やコーヒーなども置いてあったり、スパイスなど調味料がめっちゃ充実してたりします。

その辺は、ぶっちゃけチェックインしてみないとわからないですが、キッチンがある部屋にはお皿や鍋はあります。

例外ですが、セルビア・ベオグラードで泊まったとき、お皿やお鍋や包丁はあるのに『まな板がない』部屋があり、キッチン台に直で包丁入れました笑笑。

まあ、あるモノでなんとかなります笑。

6.狙った場所に泊まれる

ホテルとかだと、だいたいが街の中心部にあったり大通りに面していたりします。

でもAirbnbだと、

  • 『子どもと一緒だから公園のそばの宿に泊まりたいな』
  • 『飛行機が深夜着だから空港からタクシーで5分以内のとこに泊まろう』
  • 『お気に入りのアイスクリーム屋さんのそばに泊まって毎日食べに行こう』

たとえばこんな細かな希望に沿って宿を選ぶことが可能です。

7.現地の人との交流がある

Airbnbだと、まずメールでやり取りをします。

現地のおすすめスポットや本人たちが普段よく行くレストランなど、聞きたいことがあれば、予約する前でも答えてくれます。

色々聞いてみて良さそうだったら決める、でも全然アリ。
有効活用しましょう。

あとは一軒家でない場合、隣の部屋にも他の宿泊者がいたりします。
その場合は、『どこに行った?』『美味しいお店あった?』とか聞いてもいいし、母国の事を情報交換するのも楽しいですよ!

✔️ ムダなアメニティ代がない

ホテルだと、毎日清掃に入ってもらって、アメニティも新しいものに交換します。

でもぶっちゃけ、毎日変える必要なかったりしますよね。
その分料金が安くなるならそれで良し。

日本でAirbnbに泊まったとき、一泊5-6,000円するホテルがコロナの影響で一泊1,500円と破格だったのですが、清掃をお願いしようと思ったら一回の清掃で4,500円で断りました笑笑。

ハワイのトランプホテルに泊まった時も、清掃一回につき8-9,000円でしたよ!

ホテルの清掃だと、この料金が毎日の宿泊料金に組み込まれてるので、そりゃ高くなりますよね。納得。

Airbnbのデメリット

Airbnbにはデメリットも。

  • すべて英語でやり取り
  • 赤ちゃんや小さい子どもNGな場合アリ
  • 一泊だと受け付けてない場合アリ(二泊以上必要、など)
  • 鍵の受け取りがたまに難しい
  • 宿によって細かい決まりがある場合も
  • タオルが無い場合アリ

全て英語でやり取り

Airbnbのアプリ内には、相手からのメッセージの日本語翻訳機能があるので問題ないです。

ただ、こちらが返信するときも英語なので、難しかったら短い日本語文をその都度Google翻訳して、数回にわけて伝えればOK。

わたしは全く英語のボキャブラリーがないですが、なんとでもなりました。

『◯日前までにキャンセルしないと、キャンセル料金が発生する』とかも宿によって違うので、チェックしましょう。

とはいえ、行きたい日に埋まってしまうと予約取れないので、先に仮予約しておいて他の宿もチェックしてみて、キャンセル料金が発生する前にひとつに絞るのもアリ。

赤ちゃんや小さい子どもNGな場合アリ

予約の際に、人数入力で子どもにチェックすると予約出来ない場合もありますし、子どもNGでも支払いまで進めてしまう場合も。

ラトビアのリガに泊まったとき、絶対泊まりたい宿があったのですが、予約決済したあと『ごめん、うち赤ちゃんNGなんだ』とわたしの承諾なくオーナーからキャンセル手続きされました。

2日後に泊まりたい宿だったので、あわててメールして、

🇯🇵『なんでダメなの?OKて書いてあったよ!』
🇱🇻『ごめん、うちの宿家具も全て新しいから』
🇯🇵『うちの子オムツしてるし、一度もお漏らししたことないから大丈夫!キレイに使うから泊まらせてくれないかな』
🇱🇻『OK、じゃあもう一度予約して』

という感じで、なんとか粘って予約出来ました!

海外在住の方は激しくわかると思いますが、自分の意見が通るまで主張しないと、通る意見も通りません。言い方は悪いですが、言いくるめられます。

とくに日本人だと、相手を主張する傾向があるので、『あ、じゃあ…』と身を引きがち。

大丈夫です。
少し図々しいくらいでちょうどいいので、何とかなるまでなんとかしましょう(銃がある国は避けたい)。

一泊だと受け付けてない場合アリ(二泊以上必要、など)

予約の日にちを選択する際に、確認できます。
もし二泊以上必要な場合は、一泊で選択しても次に進めません。

その場合は、一泊でも泊まれる宿もあるので探しましょう。

鍵の受け取りがたまに難しい

鍵の受け取りがスムーズに行かない場合も。たとえば、

  • 鍵の受け取り時間にオーナーが忙しい
  • 鍵の置き場所がわかりづらい
  • 自分の到着が飛行機の遅延で夜中になる
  • ポストの開け方が難しい

など。わからない場合は、オーナーと都度連絡取りましょう。

宿によって細かい決まりがある場合も

Airbnbは宿ごとに細かい決まりがある場合も。

キャンセル料やキャンセル可能な日にちも宿によって違うので、泊まる宿のページを前もってよく読んでおきましょう。

タオルが無い場合アリ

ちょっと例外ですが、一度だけ台北の宿でタオルが無い宿がありました。安かったのでそこにしましたが、バスタオル持参だとかなりかさばるのでおすすめしません笑。

今のところ、その宿以外タオルが無い宿はなかったです。

  • マラテとは…フィリピンの首都マニラ中心部の一地区。マニラ湾に面する。ホテル、レストランが集まり、マニラ動物園、マラテ教会がある。北側のエルミタと並び、マニラ有数の繁華街として知られる。

まれに治安が悪い場所だったりすることも。ググッて詳しく調べてみましょう!

こんな人にはおすすめしません!

  • ツアーで旅行したい人
  • ルームサービスを頼みたい人
  • 人との交流を避けたい人
  • フロントデスクが無いと不安な人

『この辺りは絶対外せない!』という方にはAirbnbをおすすめしません。

とはいえ、Airbnbはメリットしかないです^ ^

さいごに

Airbnbが破格なのは伝わったでしょうか。

かなりコスパ良くて素敵な宿がたくさんあるのでぜひ探してみてください。
もちろん、予算をもっと出せば更にとんでもない素敵な宿があります。

不安な場合は、二泊ホテルにして一泊はAirbnb、とかもいいですね!

素敵な宿が見つかりますようにo(^-^)o

なな

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】