【おすすめベビーカー】メーカーは?A型・B型?【答えは1択です】

NURSING

スポンサードサーチ

実際、どっちがいいの?

実際、どっちがいいの?子供を産む前に、一番悩みに悩んだのが『ベビーカー選び』でした。なぜなら、ネットで検索しても、殆どがA型とB型の違いを詳しく説明しているだけで、実際に両方使ってみて様々な場所に行ってみた情報ではなかったから。

もちろん、詳しい違いやメリット・デメリットを知れるのはありがたいですが、ぶっちゃけ知りたいのは実際色んなシチュエーションで使ってみてどうだったかです。

実際に、ベビーカーを一番使う時期の1〜2歳(2歳未満はフライト無料な為)に15ヵ国、国内外合わせると70回以上は旅行してみて&日常でもA・B型使ってみての感想です。

結論・3輪エアバギーの1択です

結論・3輪エアバギーの1択ですこう書くと、AIR BUGGY で誰か知り合いが働いてるんじゃ無いかと思われるかもしれませんが笑(いたらきっと安く買えたのになぁ…残念)、実際カスタマイズして10万以上かかりました(°▽°)

AIR BUGGYうちのベビーカー

わかりやすい説明が載っているので、公式サイトのリンクを貼っておきますね!

https://www.airbuggy.com/

マジでエアバギーは万能です。日常も旅行中も、ノンストレスと言っても過言ではありません。良くある不安要素として、

  • A型って重そう…
  • 車に乗る時折り畳むのが大変そう
  • 電車(改札)やバスで幅をとる
  • 持ち運びが大変
  • 大きくなってからはB型に買い替え?
  • 値段が高い
  • マキシコシは買う?

こんな感じですかね。当時ここで悩んでいた自分にも、回答していきますo(^o^)o

A型は重いが、一切困らない

A型は重いが、一切困らない実際、9.5kgで折り畳みが簡単なB型より全然重いです。でも、言い切りますが重くて困ったことは、タクシーでも電車やバスでも一切無かったです。

ちなみに『バスに乗る時重いかも』という段差で持ち上げる時の不安はわかります。日本人のシャイな性格からか、手伝ってとも言いづらいし、海外ほど手伝ってもらえないから。

大丈夫です!!

日本のママは、もっと手伝ってもらうべき。海外では手を差し伸べるの、マジで当たり前にみんなやってくれるんですね。

ぶっちゃけ、海外から戻る度に日本人のノンヘルプ具合に絶望してましたが笑笑、自分から周りの人にお願いすれば、バスでも階段でも皆さんとても快く手伝ってくれます!

あと、重いと安定感が半端ない。空気式のタイヤなので片手でスイスイ、わたしは雨の日も傘をさして簡単にお出かけしていましたし、毎日ジョギングしてました。

アメリカやヨーロッパでは、『軽いベビーカーに大切な赤ちゃんを乗せるなんて!』と驚かれるそうです。実際、ドイツ・ラトビア・セルビア・オランダetc…みんなベビーカーめちゃくちゃ大きかったです(^-^)

車に乗る時折り畳むのが大変か

車に乗る時折り畳むのが大変か
わたしは車を持っておらず、移動時タクシーに結構乗るんですが、慣れたらどうって事ないです。ベビーカーの下に荷物を入れてるので、それが多少面倒くさいときもありますが、トートバッグ一つとかにまとめておけば、全然大丈夫。

もちろんワンタッチで畳めるのはとても便利かと思いますが、走行中のスムーズさ&快適さを考えたら、ワンタッチを優先するメリットはほぼ感じないです(空気式タイヤでは無いため)。

電車やバスで幅を取る

電車やバスで幅を取るたしかに多少幅は取りますが、エアバギーは安定感バツグンなのに、海外のどっしりしたベビーカーより全然小さいので、改札を通るとき多少引っかかる時もあるくらいで、何処でも通れます。

電車やバスでも、わざわざ畳む必要ありません。普通に乗れます。満員電車にも遠慮なく乗りましょう。そのマナー的な気遣いも日本人特有かもしれないですね。大丈夫、そのまま有難く乗っちゃいましょう٩( ‘ω’ )و

持ち運びが大変

持ち運びが大変断言します、そんな事ありません。空港での受け取りが、国によって別のレーンから出てきたり見つけづらい時はありますが、無い方が絶対しんどいです。海外旅行は何処の国でも絶対必要です。

ちゃんとしたホテルだと、フロントデスクでベビーカー貸してくれたりしますが、だいたいカタカタするベビーカーだったりするので、わたしは絶対持っていきます。ハワイのトランプホテルはエアバギーでした(^-^)

それでも、空港でも搭乗口まで乗れたりするし、ホテルに到着するまでタクシーでも電車でもバスでも、わたしは絶対持っていきます。搭乗口まで乗れるか、航空会社のチェックインカウンターで確認しましょう。

大きくなってからB型に買い替える?

大きくなってからB型に買い替える?わたしは実家に帰った時用に&旅行でも便利かなぁとB型を買いましたが、やはりほぼ使わなかったです。コンパクトなんですけどね。エアバギーの走行中のノンストレスさは、もう他のベビーカーは使えなかった…。

東南アジアの整っていない道も、ヨーロッパの石畳も、エアバギーはノンストレス。ベルリン在住の友だちに階段の上り下りの仕方も教えてもらい、もう無敵です笑笑。

値段が高い

値段が高いB型ベビーカーより、多少高いかもしれませんが、カスタマイズしないとそうでも無いです。物によっては、5-6万で買えるはずです。どうしても予算が無理!という場合は仕方ないですが。

マキシコシは必要なかった

マキシコシは必要なかったエアバギーはほぼフルフラットになる為、生後1か月前後から乗せてましたが、振動も無いしスヤスヤ気持ちよさそうに寝てましたよ!マキシコシは車を運転する方はチャイルドシートに着ける時必要です(^-^)

なのでマキシコシ無しでだいぶ長く乗れますし、子供が歩けるようになってからは、フルフラットにして2人座らせて銀座をぐるぐるお買い物したりしてました!

エアバギー : メリット&デメリット

エアバギー : メリット&デメリット

最後にエアバギーのメリットとデメリットをまとめておきますね!

【メリット】

  • とにかくオシャレ
  • 走行中ノンストレス(力要らない)
  • 石畳や段差・デコボコも快適
  • 安定感がバツグン
  • 片手で運転しても安定
  • 0歳から4-5歳(15kg)まで乗れる
  • ハンドブレーキ付き
  • 安心リストストラップ付き
  • ドリンクホルダー(保温)付き
  • レインカバーの作りがしっかりしてる

ハンドブレーキ

【デメリット】

  • 荷物の出し入れ少ししづらい(野菜など重たいものを乗せるとき)
  • フロントバーが開閉しないので、少し大きくなってくると、多少乗せづらい(あえて出すがほぼ気にならない)
  • 畳んで持ち上げると多少重い
  • 空気を年に数回入れないといけない
  • ハンドルやフレーム、シートやタイヤホイルを白を選ぶと汚れが目立つ
  • レインカバーがかさばる(旅行中)

このくらいですかね。デメリットは、あえて出してみましたが、全く困る事ないです笑。

もちろんほぼ車移動で、旅行もほとんど行かない!とかだと、間のちょこちょこ使いだと軽いベビーカーもいいかもしれませんね!

ただわたしは、海外の大きいタイヤのベビーカーも、実際ハワイのアラモアナや、ラトビアのリガのベビーカー売り場でたくさん押してみましたが、マジでエアバギー の優秀さには敵わないです。

大きさ、安定感、走行中の快適さ、どれをとっても完璧だと思いますo(^-^)o

何か参考になりますように!

なな

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】