【万病は恐くない】腸をキレイにして病気を治す!

LIFE

病気になったらどうしよう。もし自分がガンになったら…?薬や手術で本当に治るのかな。

もちろん若い時は、そんなに考えた事はなかったかもしれません。でも大人になって、例えば健康診断を受けたりしたら、一度は考えた事があるんじゃないかと思います。

今は新型コロナウイルスの件もありますし、何かと不安ですよね。。。

『もし自分がかかった時』あるいは『かかっても重症化しない為には』どうすればいいか?

【結果に対して対処】するのではなく【原因に対して対処】するってどういう事?というとても大切なお話です。では本題にいきましょう!

スポンサードサーチ

腸をキレイにする事が病気を治す・防ぐ1番の近道

腸をキレイにする事が病気を治す・防ぐ1番の近道

「腸は、ウンチをつくるのが仕事の臓器」だなんて思っていませんか?

実は、日ごろおなかを壊した時くらいしか意識することのない「腸」が、世界の研究者から大注目されています。

食べた物を消化吸収する腸には、「全身の免疫を司る」という秘められた重要な役割があったのです。

腸は体内最大の免疫システム

腸は体内最大の免疫システム

腸には、病原菌やウイルスなどの外敵を撃退してくれる免疫細胞が大集結していて、体内の免疫細胞のおよそ7割が腸に待機しています。

免疫機能のカギを握るのが、大腸や小腸などの「腸管」です。腸管の主な役割はご存じの通り食べ物の消化吸収ですが、それだけではなく、実は体内で最大の免疫システムでもあり『腸管免疫』と呼ばれています

感染症を引き起こすウイルスや細菌は、口や鼻から体内に入ってきます。腸管は、口から入ったものを消化吸収して全身に届ける器官であるため、口や鼻から入った体に悪いものを吸収しないように、病原菌などの異物としっかり戦う免疫の機能が備わっているそうです。

つまり、普段から腸をキレイにする生活習慣だと、ウイルスや病原菌が体内に取り込まれてしまっても打ち勝ってくれるのです!!身体ってほんとうに良く出来てますね。

【結果に対して】でなく【原因に対して】対処する大切さ

【結果に対して】でなく【原因に対して】対処する大切さ

人間の身体を木に例えます。

  • 実…..各器官・臓器
  • 枝…..毛細血管
  • 幹…..血管
  • 根…..腸

上の写真を見るとわかりやすいのですが、健康な実を作る為には健康な枝が必要で、健康な枝を作る為には健康な幹が必要で、健康な幹を作る為には健康な根でなければなりません。

つまり、根本の腸が健康でないと、その他の部分(血管・毛細血管・各器官や臓器)が健康でなくなってしまい、さまざまな病気が出てきます。

『食べない健康法』で有名な石原結實先生のヒポクラティック・サナトリウムはまさに、まず腸をキレイにする事にコミットしていて、断食の実践や身体を温める事で投薬や手術でなく「病気を食事療法と運動によって治癒」しているそうです。

わたしは『万が一自分がガンになったらどうしよう?』と、恐れというよりも『どう向き合うのが一番良いのかな?』と検索していた時に見つけたのが、実際にガンを投薬も手術も無しで克服したムラキテルミさんの実話でした。

→世にも美しいガンの治し方

ムラキテルミさんのお話も、デトックスしてまず腸をキレイにして、血管→毛細血管→各器官・臓器がキレイになっていき『最終的にガンが消えた』という実話です。

わたしの近しい友人も、長年胃腸の調子が悪く、冷え性で、夏でもタイツを履いていないとお腹を下していましたが、2週間一切固形物を摂らないデトックスをやって、身体の不調が全て無くなりました!

今は腸の育菌をしているそうです。ただしデトックスは個人の判断でやると危険な事もあるので、デトックスの施設に通うかコーチをつけるなどしてやる事をおすすめします。

まず腸をキレイにして万病を予防・治癒する

まず腸をキレイにして万病を予防・治癒する

この記事に書いたとおり、根本を治さないとまた身体の不調や病気は出てきます。

例えばガンも『手術したのに再発した』などと良く聞くと思いますが、理由はガン細胞をやっつけ切れない=毛細血管・血管・腸に問題があるからです。他の病気にも同じ事が言えます。

結果に対して対処するのではなく、その根本の腸をキレイにする事が、血管が正常に働き、毛細血管が隅々まで正常に働き、各器官や臓器が健康かつ正常に働いてくれる鍵になる。

腸をキレイにして健康を保つためには、生活習慣【食事・運動・睡眠】に気を付けて、病気にならない・重症化しない身体づくりを心がけたいと思いますo(^-^)o

なな

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】