【新常識】インフルエンザは勝手に治る【免疫機能アップが決め手】

LIFE

今年もインフルエンザが猛威をふるっています。

普段テレビは一切見ないのですが、インフルエンザが流行る時期になるとそういうセリフのニュースが必ず流れますよね。そしてそのニュースを見た人たちが、インフルエンザに怯え、ワクチンを打つ。熱が出たら病院に駆け込み検査する。

スポンサードサーチ

インフルエンザは勝手に治る病気です

インフルエンザは勝手に治る病気です
日本ではインフルエンザ=重病っていうイメージ、焼きついてませんか?実は、インフルエンザは勝手に治ります。風邪の一種です。

どこが違うの?風邪とインフルエンザ

なんで勝手に治るかというと、わたしたちにの免疫機能が働いてくれるからです。具合が悪くなったら食欲が無くなるのもその為です。消化にパワーを使わず、体内に入ってきた異物をやっつける。

インフルエンザの場合は、熱が高いし、身体も本当にだるくなるし、しんどいですよね。でも、お薬無しで勝手に治るんです。ただ、元々ガンなど病気を持っている方、お年寄りの方は免疫機能が下がってたりするのでまた別ですが。

健康のためには朝食は無しがいい/石原結實

食べない健康法について沢山の本を出版されている石原結實先生も、食べない事で免疫力をアップすることは何度もおっしゃっています。

ネットを見ていると、食欲不振の時に取った方が良い食べ物とか載ってたりするんですが、食欲が無くなるには理由がちゃんとあるので、無理に食べようとしなくていいんですよね。

わたしは体調崩したら食べずに免疫力を高めるようにしているんですが、実際熱が出ても2-3日で治ります。人間のカラダって本当に良くできてるなぁと感心です。大抵の事は自己解決できるようになってるんですね!

鼻呼吸で粘膜を保護する

鼻呼吸で粘膜を保護する
皆さん口で呼吸する事はありますか。1つ質問ですが、口は呼吸器官じゃないって知ってましたか?『えっ。口から息吸うでしょう。何言ってるの?』とわたしも衝撃でした。

ウイルスは鼻や喉の粘膜から侵入することが多く、粘膜が常に潤っている事がウイルス排除にもつながるそうです。鼻呼吸ではなく口呼吸の習慣がある人は粘膜が乾燥気味なので保湿目的のマスク装着は意味があります。

わたしはそれを西原克成先生に出会ってから知ったので、常に鼻呼吸を意識して(元々めっちゃ口呼吸してました)喉が乾燥しないようにし、プラスアルファで喉の乾燥を防ぐためにマスクする時もあります。鼻呼吸になってからはほとんどマスクは使わなくなりました。

日常的に毎日2リットル以上の水分と適度な塩分

日常的に毎日2リットル以上の水分と適度な塩分
あと、水分補給は重要です(普段から2-3リットルは飲むように頑張ってます)。真夏の熱中症では水分と塩分補給が大切なのですが、実は冬も同じで水分を摂るなら塩分も摂る必要があります(ただ、汗をかく夏ほどは要らない&天然の天日干しなどの良いお塩)

塩について深掘りしていくと、また別の話になるのと専門的過ぎるので、きちんと勉強してから記事にしますね!お塩大好きなので自宅に今10種類のこだわりお塩があります。

ただ一つ言えるのは『塩分は控えましょう』とざっくり言われていますが、天然のミネラルたっぷりのお塩なら、摂った方がいいんです。

人間の免疫機能が一番のドクター

人間の免疫機能が一番のドクター
お薬でもお医者さんでもなく、わたしたちがもともと持っている免疫機能(免疫力)が一番信頼できるドクター
だなぁと、ここ数年一切病院に行かなくなって思います。

普段この辺を意識するようにしています。本来自分が持ってるカラダのチカラに耳を傾けて、上手くバランス取っていくと、本当に解熱剤・抗生物質・痛み止めなどが要らなくなりました。

みなさんもぜひ、石原結實先生や他の先生たちが出してる免疫力の本を読んでみてください。お薬要らずの免疫力に気付けたら、嬉しいです。

おまけ

ご存知の方も多いとは思いますが、お時間ある方はこちらもどうぞo(^-^)o

世にも美しいガンの治し方

 

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】