子育てに正解はない!常識よりも大切なのは【行く手を阻まない】こと

THOUGHT

『子供には色々注意しちゃうし、怒っちゃう。良くないって解ってても、つい”それダメだよ!”って何でも止めちゃうんだよね』良く周りのママ友からも耳にしてました。

わたしは子育てに正解はないと思っています。色んなママがいて、それぞれに子供のことを考えて、一生懸命接してる。それで良いと思います。わたしもその中の一人です。

小さい頃のわたしへのメッセージでもあり、自分の子育てこれでいいのかなぁ?と悩んでいるこの記事を読んでくださってるママやパパに向けて書きます。あとは、のびのび過ごすわたしと子供を見て『何でそんなイライラしないの?子育てどうやってるの?』と聞いてくれるみんなへ。

スポンサードサーチ

子供時代イヤだった事

子供時代イヤだった事
わたしは自分が超自由奔放な性格で、母が細かく指示を出すタイプだったので、いつもいつもその指示をすり抜けるのが大変でした。自分のやりたいようにやりたかったし思うままに生きたかったから

“世間体的に”というのが多々あって『何でそうしないといけないの?』と納得いかない事を人前で言おうもんなら『良いからお母さんの言う事聞きなさい!!』んで、後で怒られるんですよね。余計な事言うな!って。

そこに愛はあるのかい

そこに愛はあるのかい
懐かしいですね。1993年放送のひとつ屋根の下のあんちゃんの名セリフ。わたしは人間関係はここに尽きると思っています。見返りを求めない。それがあれば、通る道は違えど、進んでいける気がします。

今思うと、当時の母のわたしに対する厳しさは『やっぱり母子家庭だから…』と人から後ろ指さされないようにする為だったのかなとも思います。ナメられて欲しく無い、とか。そうか…愛だなぁと今なら思えます。

ぶっちゃけ、あたしは後ろ指さされてもいい!と思って今までやって来ましたが。母の行動や言動の根っこには愛があったんですね。

ダメ!しなさい!を言わない子育て

ダメ!しなさい!を言わない子育て
お母さんの根っこは、絶対に愛がある。とはいえ、あたしはやっぱり全て指示されて、それダメこれダメって言われるのがイヤだった。そして今、子供と過ごす上で一番意識している事は『それやっちゃダメ』『これやりなさい』を絶対に言わないようにしています。”ダメ・やりなさいを言わない子育て”です。

自分の思うままに思いっきりやってみて、色んな発見があって、またトライしてみて、色んな感情を味わう。彼の人生は彼の人生です。わたしが行く手を阻まないように気を付けています。

人の物を壊しそうな時は止めます。大切な物が壊れたら悲しいので。あとは命に関わる事ですね。それ以外は、大抵自分でどうするかなー?と見守る。

子供に常識を伝えない

子供に常識を伝えない
これもとても気を付けています。なぜなら、わたしの中の常識を伝えてしまうと、わたしの世界観の中で生きてしまうので。きっと賛否両論ですね。コレが大切だ!と自分が思う事は何ですか?わたしの場合、常識を伝えない事を大切にしていますo(^-^)o

例えば子供が絵本を逆さまにして読んでいる時『それ逆さまだよ』と言わないし戻さない。逆さまに見た時の世界や、そこで感じた事も大切だと思うからです。わたしが逆さまだ、見づらいよって思ってるだけなので。

思ったままに何でもトライしてみて、そこで何か感じて(感じなくても良いし)またトライしてみる。様子を伺わないし、臆さない。それって本来の子供の姿だし、それで良いなと思いながら、見学してます。

もし何か伝えたい時は人からの見られ方(世間体的にダメだよ)以外の理由を伝える。『ママがそれ嫌いだから』も絶対に言わない。判断基準をそこにしたく無いので。

感情で怒らない

感情で怒らない

イライラして感情で怒らない。家庭や学校でも”お母さんに怒られるから”や”先生に怒られるから”だからやらない、やっちゃダメだよ、という声を聞いた時に、ヤバイ!と思いました。

子供が何かを判断・決断する上で、”怒られるからやらない”とか”怒られないからやる”には絶対にしたくないからです。自分がこう思うからやる。自分が興味あるから、夢中になれるから、絶対に良いと思ってやる。それが判断や決断のポイントになったらいいなと。

子供のケンカに入らない

子供のケンカに入らない

公園に行くとよく、おもちゃの取り合いになります。滑り台付きのジャングルジムでも、他のママは付きっきりで『次の子が滑るからどいてあげて』『小さい子に譲ってあげて』と全て声かけ。

わたしは離れた所に座って、ずっと見ています。うちの子が意地悪されても行かないし、割り込んでても行かない。子供達だけで、ケンカしたり仲直りしたり、譲ったり譲らなかったりして、感じて学ぶ事がたくさんあるから。学ぶ機会を奪わないようにしています

きっと他のママからは『え。あの人何で見てるのに止めないの?』と思われてるし、視線も感じます。でも、わたしの見られ方より大切にしたい事があるから、それでいい。

例えばうちの子が泣いていても、行かない。自分から来たら抱きしめますが、大抵は感情を出し切ったら、自分ですぐにまた切り替えて楽しそうに遊び始めます。あとは周りの子が心配して慰めに来てくれたり。子供達の世界が出来るんですね。とても素敵(^ ^)

感情を出し切ったら、こんなにスッキリするんだなぁと、感心して眺めてます。これは、大人になったらなかなか出来なくなる部分なので、とても勉強になる。大切だよなーと思いながら、自分もトライ中です。

あなたまで真似しないで!

あなたまで真似しないで!

これも絶対に言わないようにしています。真似された子はどう思いますか?きっと嬉しくは無いですよね。公園で遊んでいると、うちの子もとても自由に泥んこになって遊んだりするので、よく聞きます笑。そしてうちの子供は気にせず遊んでいます笑笑。

『普段そんな事する子じゃ無いのに、うちの子まで真似しちゃった』ニュアンスも、良く聞きます。その子が好奇心が湧いてやってみたものはわたしは大歓迎なので止めませんo(^-^)o

存在する全ての人がともだち

存在する全ての人がともだち

日本でもどこの国に行っても、老若男女問わず目に入ったら話しかけて仲良くなる。通りすがりの人にHello!と言ってます。これもわたし的に衝撃で、子供を見て学んでいます。

知らないファミリーの中に入って行って、一緒におやつ食べてても、止めないようにしてます。あからさまに嫌がられていたら迎えに行きますが、ほとんど嫌な顔されない。『勝手に知らない人の輪に入らないで』はわたしの価値観です。

わたしも人見知りしないので、結構誰とでも話せると思っていたのですが、全然及ばないです。子供のおかげで繋がった海外の友達もたくさん出来た。感謝しています。

子育てで大切な事まとめ

子育てで大切な事まとめ

そもそも『自分の人生を生きるひとりの人間』と思って接しているので、子育てをしているという感覚が無いのですが、接する上で大切にしてる事をもう一度。

  • 湧き出る好奇心をとめない
  • ダメ・やりなさいを言わない
  • 自分で解決する力をつける
  • 自分の感情を感じ切る
  • 見返りを求めず愛する
  • 常識を伝えない
  • 怒らずに、何故かを伝える
  • 子供のケンカに口を挟まない
  • 毎日抱きしめて大好きを伝える
  • 応援する(手助けしない)

こんな感じです。パパもママも『自分はこれが大切だと思う!』を愛を持って伝えれば、それでいいのかなと思います。必要な時に、大切な事に必ず気付くように人生出来てるので。

なので、不安にならなくて大丈夫。それぞれの子育てに、必ず大切な理由があると信じてます。自分が思う子育てを、愛を持ってやって行きたいです(^ ^)

 

 

なな

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】