【失敗しない】子連れ旅行の持ち物まとめ【たったコレだけ】

TRAVEL

こんにちは!シングルマザーのなな(@nanaminehappy7)です。

子どもが2歳までの間に13カ国旅行しました。国内も合わせると少なくとも60回以上。

こんなご時世なのでわたしもしばらく旅行してませんが、小さなお子さんがいるご家族も、そろそろ国内旅行とかなら行きたいですよね。

  • 『久しぶりどこか旅行行きたいな』
  • 『そういえば旅行って何持っていくんだっけ?』
  • 『赤ちゃん連れの旅行に無かったら困るもの何だろう?』
  • 『子連れ旅行だと荷物多そう…』

たとえばこんな風に思ったりしませんか?

この記事では、赤ちゃんと2人で格安旅行に行きまくったわたしが、『実際にコレだけは必要だった!』というモノをお伝えします!

✔️ もくじ

  • 【失敗しない】子連れ旅行の持ち物まとめ【たったコレだけ】
  • 『人が住んでさえいれば』代用品は必ず手に入る
  • さすがにそれは少なすぎて心配!
  • まとめ

スポンサードサーチ

【失敗しない】子連れ旅行の持ち物まとめ【たったコレだけ】

【失敗しない】子連れ旅行の持ち物まとめ【たったコレだけ】

極論から行きます。

  1. お財布(現金・クレジットカード)
  2. 携帯
  3. パスポート(海外の場合)
  4. 着替え(上下1枚ずつ)

以上です。

めっちゃ心配になりますが、ぶっちゃけ【無かったらどうにもならないモノ】はこの4つくらいでした。

『人が住んでさえいれば』代用品は必ず手に入る

『人が住んでさえいれば』代用品は必ず手に入る

これも極論かもですが、赤ちゃん連れで何十回も旅行してみて、『人が住んでる地域だと代用品は必ず手に入るな…』がホンネです。

  • 無いモノは現地で安いものを買い足す

これがわたしの“身軽な子連れ旅行”の鉄則。

1か月ヨーロッパ に行った時も、着替えは1枚のみ。思いきってトートバッグひとつにしてみたら、マジで大丈夫でした笑笑。

さすがにそれは少なすぎて心配!

さすがにそれは少なすぎて心配!

そんなふうに思う方のほうが、もしかしたら多いかもしれません。

そんな方には、【ちょっと心配だからもう少し持って行こうかな】バージョンを!

『もう少し持って行こうかな』バージョン

  1. お財布(現金・クレジットカード)
  2. 携帯
  3. パスポート(海外の場合)
  4. 着替え(上下1枚ずつ)
  5. 携帯の充電器
  6. コンセント変換プラグ
  7. 水着(海・プールなどある場合)
  8. オムツ(日数分)
  9. ミルク(赤ちゃんが飲む場合)
  10. おやつ(飛行機や移動中)
  11. 哺乳瓶
  12. 全身用クリーム(顔・体・髪)
  13. キャップ(髪のセット必要なし)
  14. サングラス(メイク必要なし)
  15. ベビーカー(空気式タイヤ)

以上、トートバッグやリュックに収まります。

着替えは、洗って干しておけば翌々日使う時までに必ず乾いてます。

冬の寒い時期も、暖房などで乾いちゃいます。東南アジアなどの暑い地域だと速攻乾きます。

ちなみにセルビア、ラトビア、アイスランド、オランダは下記のコンセントでした。

この丸いプラグをセルビアのチャイニーズショップで200円くらいでゲットして、他の国でも使いました。(携帯ショップで買うと高い)

イギリスだと、また違う三つ穴コンセントなので用意が必要ですね。

UK plug about to be plugged into a white wall socket

ホテルの場合はフロントで借りれることが多いです。

(DIY Clip!より画像引用)

値段が一番安くてコンパクトな形で、送料無料のものがおすすめ。

日数にもよりますが、下記のような感じ。

  • 長期の旅行(2週間以上とか)…オムツやミルクは現地で
  • 短期の旅行…オムツやミルクは必要なだけ。ミルクはジップロックなどにかさばらないように。

日本国内の旅行だと、コンビニに行けばオムツ3-4枚入りみたいなの売ってたりするので、買い足せば大丈夫!

粉ミルクも、その国に赤ちゃんがいる限り、必ずドラッグストアに置いてます。

機内でオムツがもらえる場合アリ

国内外ともに、フライト中に機内でオムツ替えしたい時は、CAさんに『オムツありますか?』と聞いてゲットしましょう。

2枚入りMサイズをくれるはず。荷物が少ない身としては、オムツを減らさずにいれるのは嬉しいですね!

ただ、確実ではない(機内に在庫がない場合も)のと、LCCはほぼ置いてないと思ってください。

必要なのは【ベビーカー?抱っこ紐?】

結論から言うと、ベビーカーは必須です。

ベビーカーが正直、一番悩みました。

ベビーカーが必要かどうか、海外に行く時は特に、国ごとに超ググりました。

でも、なかなか欲しい情報が見つからず…

13カ国を20回以上旅行に行った際に、

  • ベビーカーのみ
  • 抱っこ紐のみ
  • ベビーカー&抱っこ紐あり

の3パターンを試してみました。

そして、ベビーカーが無いとき…

死ぬほど後悔しました笑笑!

ベビーカーが無くても大丈夫だった旅

ベビーカー無しでも大丈夫だった旅行は、国内旅行で、移動が電車やバス、タクシーのみの場合。

現地に着いてからも、特に移動せず自然の中でゆっくりする旅、ビーチや温泉でゆっくりしたい旅、などなど。

  • 奄美大島のビーチフロントの宿(タクシー・バス・宿の送迎あり)
  • 越後湯沢の温泉(宿の送迎がある)
  • 乗鞍高原のバス停からすぐの温泉宿(高速バス・電車移動・バス)

この辺りはベビーカー無しでも大丈夫でした。

でもそのほかは、国内でもベビーカー必須!

ベビーカーがあった方がいい理由

ベビーカーがあった方がいい理由は下記です。

  • ずっと抱っこして移動はかなりキツい
  • 階段しかない場合みんな手伝ってくれる
  • バスや電車でもみんな手伝ってくれる
  • 自分からお願いしても快く手伝ってくれる
  • 荷物をベビーカーに乗せれる
  • レストランなどでも座らせたまま食事できる
  • 子供が寝た場合そのまま移動できる

ベビーカーを持っていくデメリット

ベビーカーを持っていくデメリットも。

  • 預けるときにキズつく・汚れる場合あり
  • キャリーケースと同時だと押しづらい
  • 雨の日(どしゃ降り)は使えない
  • 雨カバー持っていくと超かさばる
  • 国によってはベビーカーだけ手荷物受け取りで出てくるレーンが違う&超わかりづらかった(走り回って探してたらうちの子が指差して教えてくれた笑笑)

ベビーカーを持っていくなら

ベビーカーを持っていったり、空港や現地のホテルでレンタルしてみた感想。

『ベビーカーは絶対に空気式タイヤが良い!』です。これは間違いなく言えます。

うちは0歳からずっとエアバギーを使っていますが、東南アジアの道路が整っていない地域や、ヨーロッパ の石畳etc…マジで重宝しました。

階段の登り下りも、エアバギー だとベビーカーのまま楽々できます。

動画が見つからなかったので、イメージだけ少し湧くように『四輪ベビーカーでも登れる動画』を貼っておきます。

ただ、わたしがドイツのベルリンに住む友だちから教えてもらった階段の登り下りのやり方は、全く逆です。

(ちなみに、ドイツなどヨーロッパ や欧米のみんなが使うベビーカーは大きくてしっかりしたつくり)

後輪だけを使って登る(後ろ向きに階段を登る)、後輪だけを使って下りる(前向きに階段を下りる)です。

英語でググッたら出てきました。

上記の2つの動画のように、後輪のみを使って下ります。登る時は、動画の向きのまま後輪だけを使って。

動画を見るとわかりますが、空気の入ってないタイヤだと、赤ちゃんにかなり衝撃がありますね。

これが、エアバギーなどの空気式タイヤだと、マジでスムーズに登り下り可能。

走行も片手でも指先だけで押せるくらい走行もスムーズです!ベビーカーだけはお金をある程度かけてよかった…

もちろん上を見ると値段はめちゃくちゃ高いし20万とかするものもありますが、そこまでする必要はないかと思います。

ラトビアやハワイでもベビーカーコーナーでたくさん試乗?してみましたが、日本のベビーカーはレベルかなり高いですよ!

大きくてタイヤしっかりしてても、押しづらいモノもたくさんありました。

旅行にも日常にも使えるベビーカーが一台あると、3-4年は使えるし便利ですよ(^^)

グレコは楽天で29,500円(税込)送料無料が一番安かったです。

エアバギーは75,900円(税込)送料無料が最安値でした。

ハワイ限定モデルは、66,000円(税込)送料無料で、ダントツ安かったです。しかもおしゃれ!

まとめ

まとめ

子連れ旅行に必要なものまとめ。

  1. お財布(現金・クレジットカード)
  2. 携帯
  3. パスポート(海外の場合)
  4. 着替え(上下1枚ずつ)
  5. 携帯の充電器
  6. コンセント変換プラグ
  7. 水着(海・プールなどある場合)
  8. オムツ(日数分)
  9. ミルク(赤ちゃんが飲む場合)
  10. おやつ(飛行機や移動中)
  11. 哺乳瓶
  12. 全身用クリーム(顔・体・髪)
  13. キャップ(髪のセット必要なし)
  14. サングラス(メイク必要なし)
  15. ベビーカー(空気式タイヤ)

1-4とベビーカーさえあればなんとかなりますが、この15項目があればわたし的にかなり安心です。

  • 手ぶらでベビーカーだけ
  • 荷物は全てベビーカーの荷台に入る

となると、子連れ旅行はかなり身軽で楽しめますよ!

ぜひ参考になれば嬉しいですo(^-^)o

なな

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】