【虫食い野菜はガンになる】その理由とは?

LIFE

農薬がついてない無農薬の野菜が食べたいな。たくさん虫食いのある野菜は、農薬も使ってないだろうし、虫が食べたくなるくらい安全で美味しいのね!

“虫食いのある野菜=安心・安全で美味しい”

ずっとそう思っていました。余計な人間の手を加えていないから(農薬や化学肥料など)、安心だし安全。なんなら、虫食いの野菜を選んだりするくらい『安心・安全の目安』にしてたので、まさか虫食い野菜に発ガン性物質が含まれているなんて知らなかったです。

スポンサードサーチ

虫食い野菜がガンになる理由

虫食い野菜がガンになる理由

15年以上オーストラリアのパースでオーガニック農業の指導を続けている世界的なオーガニック農業の指導者野々川さん。日本の農業は時代遅れ?野々川尚

わたしも何度か一緒にお食事して質問しまくりました。ネットには本当の情報がなかなか流れないし、日本語で検索したところで日本基準のフィルターに通された話しか出てこないからです。

肥料は成分のことです、雨が降っても空気中の窒素が水に溶けて土中に入りそれを微生物の力によって根に栄養として与える訳です。それは肥料なんです、分かりますか?だから無施肥なのであって無肥料ではないんです。

窒素の過剰吸収による亜硝酸態窒素が葉に蓄積され光合成が追いつかず未分解状態になると気化して葉の表面からガスとして抜けていきます、その臭いを嗅ぎつけて虫が飛んでくるのです。

亜硝酸態窒素が体内にはいるとジアミン類と結合してニトロソアミンという物質に変化します、これが強烈な発ガン物質なのです。つまり虫喰い野菜を食べてるとガンになると言う事です。

これは、野々川さんがどなたかの質問にコメントしてた時のものです。虫食い野菜に発ガン性物質が含まれていて、虫食い野菜を食べると発ガン性が高くなるという事実。

わかりやすいサイトを見つけたのでコチラもぜひ。野々川さんも、本当のオーガニック 野菜は免疫力が高く病気にならないしストレスも無いとおっしゃってたのを思い出しました。

虫食いの野菜は美味しい・・・は真っ赤なウソ

オーガニック野菜が安全とは限らない

オーガニック野菜が安全とは限らない
わたし自身、いつもオーガニックショップやオンラインのオーガニック野菜販売サイトを利用していて、虫食いの野菜も『あら、虫さんも食べる野菜なのね』と喜んで買っていました。

実際、ある野菜を買うときに、店頭で店員さんに『この野菜全部無農薬なんですか?』と尋ねると、

  • 栽培期間中農薬不使用
  • ほぼ無農薬

など野菜によって様々(色んな地域の色んな農家さんから仕入れている)というか、曖昧だったんですよね。オーガニックショップだけど、扱っているものがオーガニックじゃない。否定したい訳では無く、消費者は解って買いたいですね。

そしたら、ホタテパウダーなどで農薬除去して食べたり、対策が出来るので。わたしはオーガニックショップの野菜もそうでない野菜も、ホタテパウダーに浸けています。

そしてもちろん農薬使ってる農家さんが悪だ!とかでもないです。難しい所ですが、やはり高齢化や人手不足を考えると、効率化を図るのは必須だと思います。でないと本当に農家の皆さん過酷過ぎてしんどいですよね。

虫食い野菜は食べない

虫食い野菜は食べない
野々川さんに『虫食い野菜の対処法ありますか?もし家に虫食い野菜がある場合どうしますか?』と聞いたら『食べないことです』とお返事いただきました。

発ガン性物質が含まれているから、虫食い野菜は食べない。とてもシンプルな解決策です。これをふまえてわたしが実践している事はコチラ。

  • 虫食い野菜は買わない
  • カタチの綺麗なストレス無しの野菜選び
  • なるべくオーガニックのものを買う
  • 野菜は全て農薬除去してから食べる

カラダは食べた物で作られるので、なるべく安心・安全な物を、そして神経質になるのではなく楽しく選びながら、心にもカラダにも良い食生活にしていきます(^-^)

なな

 

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】