【信号の渡りかた】に学ぶ【ルールを盲信しない生き方】

THOUGHT

【信号を渡る判断基準】はなんでしょうか。『横断歩道が青だから車が来ないから』ですか?

ちなみにわたしは横断歩道が赤でも渡ります。

理由は後述します(^^)

✔️ もくじ

  • 【ルールを盲信しない生き方】で主体的に生きる
  • ルールを盲信して生きるとどうなるの?
  • わたしの考える【正しい信号の渡りかた】
  • ルールを盲信せず自分で考えて【主体的に生きる】

本記事では上記の内容に沿って進めていき、【ルールに従うのがどれだけ大切じゃないか】についてわたしが普段から実践して感じることをお伝えします。

お金の真理 与沢翼が出したお金と幸せ、その最終結論/与沢翼【1000円以上送料無料】



スポンサードサーチ

【ルールを盲信しない生き方】で主体的に生きる

【ルールを盲信しない生き方】で主体的に生きる

わたしは、

  • ルールを盲信しない
  • 自分の頭でしっかり考える
  • そして自分はどうしたいか

という感じで生きてます。

“言われた通りにそのまま素直にやる”

一見聞こえはいいのですが、思考停止した生き方だと思います。

わたしも昔は“言われた通りにそのまま素直にやる”タイプでした。

それがとても良い事だと思っていたからです。

【疑うことはわるいこと、ルールを守らないのはわるいことなんて当たり前】の感覚だったのです。

ルールを盲信せずに、自分の頭とこころでしっかり考えて主体的に生きるのはとても大切だと思います。

→正論で正してくる人の対処法【断捨離のすすめ】

ルールを盲信して生きるとどうなるの?

ルールを盲信して生きるとどうなるの?

また信号の渡りかたをたとえに出します。

ルールをちゃんと守って、青信号で安心して横断歩道を渡り車に跳ねられ死んでしまったら、、、仕方ない?

冗談じゃない、死んだ方は『ルールを守ってたのに残念だったね』では済みません。

ルールを守るためにルールがあるのではなく、死なないためにルールがあります。

『信号の渡りかた』だけでなく、いろんな場面にあてはまります。

何も考えずただルールを守ってしまったために、いやな目に遭ったらめちゃくちゃ後悔しませんか?

あるいは問題がおきたとき、『いえ、こういうルールなんで…』と言われてそのまま引き下がりますか?

【自分で考えて行動して生きていく】というのはとても大切です。

→【ダメを言わない子育て】子どもたちの【主体性と好奇心】を育てる

わたしの考える【正しい信号の渡りかた】

わたしは赤信号でも車が来てなければ渡ります。

逆に【青信号だから渡って大丈夫】とも思ってないです。

それは信号の色で渡る・渡らないを決めるのでは無く【車が前後左右からぜったい来てなくて跳ねられて死ぬことがないか】で判断するから。

銀座のど真ん中でも同じです。

日本でもそうですが、海外だと横断歩道が無くて車がかっ飛ばしてくるなんて全然あります。

大切なのは、【車に跳ねられないようにしっかり安全確認して渡っているか】です。

ビジネスでもきっと同じですね。

会社員のときは、ブラック企業とはいえかなり守られてたので自分の思考停止しててもそんなに危ない目に遭うこともなく、気づかなかった。

ですが【自分を守るのは自分しかいない】環境だと、思考停止してる場合じゃありません。

イヤでも自分で考え主体的に生きないと生き残れません。

フリーランスの方や経営者の方は同じ考え方を持つひとも多いかと思います(^^)

→【情報操作】されない!【ニュースに惑わされず】自由に生きる

→want toとhave toの違い【want to (〇〇したい)】な生き方でいい!

 

ルールを盲信せず自分で考えて【主体的に生きる】

ルールを盲信せず自分で考えて【主体的に生きる】

『ルールがあるから安心だ』『ルールさえ守って生きれば安全だ』などと盲信せずに、自分で考え主体的に生きることはとても大切です。

親に言われたことも鵜呑みにする必要ありません。

ルールや世間一般の常識をそのまま受け入れずに、自分のあたまと心を使って考えて行動し【どんな結果になっても後悔しない主体的な生き方】をしていきたいと思います(^^)

なな
じょうぶな頭とかしこい体になるために 改装版/ブロンズ新社/五味太郎

お金の真理 与沢翼が出したお金と幸せ、その最終結論/与沢翼【1000円以上送料無料】

→【自己肯定感を高める】親が子どもに【言わないこと・気をつけること】

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】