【ノンストレス】産後直後のママの悩み、寝不足やストレスはどうやって解消する?【誰でも出来る方法】

NURSING

初めての出産、初めての子育て、何もかもが初めてで、わくわくと不安がたくさん。両親や旦那さんがサポートしてくれるという人、シングルマザーで他に頼る人がいない人、さまざまだと思います。

わたしの場合、たまたま九州で産む事になり、兄のお嫁さんにかなりお世話になり、身の回りのこと全てやってもらいました。

今回は、初めてこどもを産んだわたしが実際にやっていた事を書いていきますね。

ちなみに、2人のこどもを育児中の兄のお嫁さんが、一日中ずっと笑って楽しんでるわたしを見て、『なんでそんなイライラしないで楽しそうなの?ななちゃんすごい。。』と言ってました笑笑。

自分のコンディション最優先

そのために実際やっていた事がこちら。

  • 時計を見ない
  • 基本布団の上が活動範囲
  • ごろごろする
  • 携帯で毎日服を買い物
  • 食べたい時に食べる
  • お酒飲みたかったら飲む
  • ひたすら寝る
  • 徒歩2-3分の所に毎日出かける

このくらいですかね。では、ひとつずつ見ていきますね!

スポンサードサーチ

時計を見ない

まあ普段から時計は見ないのですが(°▽°)時計を見ると『あ、この時間だ。〇〇しなきゃ。』って人ってなりませんかね。

その〇〇しなきゃ!って、ネットや本の情報で、自分の中にやらなきゃいけないリストが、出来やすいと思うんです。これを、一切作らない。これでだいぶ負担減ります。

例えば授乳。時間を見てあげたりしますよね。でも、わたしは時計を見るよりこどもの表情をよく見るようにしてました。

こどもがおっぱいを欲しがったらあげる。当たり前かもしれませんが、時間で決めず、表情をよく見るようにすると、言葉が無くてもわかってきます。

基本布団の上が活動範囲

起き上がって何かしよう、とか特になく、ずっとベビーとごろごろしてました。布団の上で携帯見て、おっぱいあげて、ストレッチして、お昼寝して。

とにかく身体を休める。それを最優先にしていました。布団の上で常にリラックス。

ちなみに、わたしは寝ながら添い乳していましたが、自分がうとうとしてうっかり寝てしまっても

『絶対的に赤ちゃん側に倒れない』やり方で手や足の位置を徹底していました。

なので皆さんは、赤ちゃんが窒息しないように、ソファーにもたれて授乳をおすすめします。事故死は絶対に避けたいですからね。

ごろごろする

これはもうそのままですね笑笑。とにかくスキあらばごろごろお昼寝してました。

携帯で毎日服を買い物

マタニティウェアも買うこともなく過ごしていましたが、とにかくオシャレするのが大好き。

毎日どんな服を着て出掛けようか、どんな服が授乳しやすいか、想像しながら選ぶのはワクワクしました(o^^o)

産後すぐでも、産婦人科に行く時にオシャレしたり、産後1か月から仕事復帰する時も何を着るかとても楽しみでした。

ワクワクする事があるって、とても大切!

食べたい時に食べる

これは『時計を見ない』とも関係するのですが、とにかく身体の声に耳を傾けて、お腹が空いたら食べる、よく噛んで食べる、食べたい物を食べる、お腹が空いてないなら朝ごはんの時間だろうが食べない、そんな感じでした。

時計で動かない。用意してあるから食べる、でなく食べたいから食べる、でした(^-^)

お酒飲みたかったら飲む

これは賛否両論ありますね。わたしは、元々お酒が大好きな訳ではありません。でもたまに、軽く飲みたいな〜という時もあります。

そういう時は、授乳した直後にお酒を少しのんで、次の授乳までに時間が空くようにしてました。

お酒が大好きな人は、ガマンしすぎてそれがストレスになり、精神的にイライラして、悪循環が生まれたりしますよね。わたし的には、そうなるよりひと口飲んでリラックスした方が、ママにも赤ちゃんにも結果的に良いと思っています。

ヨーロッパの一部では、妊娠中も授乳期も、普通にワインやビール飲んだりしていますよね。なので、飲みすぎなければ、ストレス溜まるよりよっぽど良いと思います。

こうやって書くと、『ダメだよ!赤ちゃんに影響あるよ!』『授乳中に飲酒するなんて信じられない!』という人が必ず出てくるのですが、その人は自分の時にそうすれば良いんです。

どちらがストレスにならないか、ですね。あとは、意見してくる人が、あなたをケアしてくれるわけではありません。

自分で決めましょう(o^^o)

ひたすら寝る

ごろごろすると大体同じなのですが、これは文字通り、ひたすら寝ます笑笑。ベースが寝てる状態で『たまに起きて何かやってる人』みたいな笑笑。

例えば実家で里帰り出産していて、周りはこんなにやってくれているのに、ごろごろ寝てばっかりじゃダメだ!なんて思っていませんか!?

いえ、いいんです。

とことん甘えましょう。自宅に戻ったら、自力で頑張る毎日が待っているんですから。

もし実家に、義理のお姉さんなどちょっと気を遣う人がいても、ありがとうございます♡と可愛く甘えましょう。

徒歩2-3分の所に毎日出かける

わたしは超ラッキーな事に、マンションの1階に超絶美味しいケーキ屋さんと、となりのマンションにゴットハンドの整体師さんがいまして、毎日通っていました。

ずっとごろごろしているわたしが、唯一起き上がる時がその時です笑笑。産後の骨盤矯正をして、ケーキを買って部屋に上がる。

ネットで色々見てみると、1か月は出かけずおうちでゆっくりしましょう、的な事をよく見かけましたが、わたしは産後1週間から毎日お出かけしていました。

産後の骨盤矯正も、ほんとにマンションを出て徒歩30秒くらいだったので、毎日通っても全然身体も辛くなく、逆に息抜きになりました(息詰まって無いので、抜く必要もありませんでしたが笑笑)。

 

まとめ

  • 時間を気にせず、自分の身体の声に耳を傾けて、赤ちゃんの表情をよく見て、お互いが一番心地よい状態を最優先する
  • とにかくごろごろ寝る

食べるのも、飲むのも、休むのも、きっと自分の身体が一番解ってくれています。

ネットの情報を参考にするのもいいのですが(あ。これもネットの情報ですね笑笑。)、自分の心地よさを追求して、ママは特に常に良いコンディションでいましょう。

赤ちゃんにも自分にも、パートナーにもいいスパイラルが起こると思います*\(^o^)/*

 

 

では、リラックスして楽しい産後ライフを!

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】