【歯科医師とデンティスト】日本とアメリカの【認識の違い】とは

LIFE

日本人は歯医者に治療をしに行くけど、アメリカ人は虫歯にならないように小さい頃からケアを徹底するんだよ。

わたしは初めてこの事を聞いた時、衝撃でした。虫歯にならないように歯医者に通う、という感覚が一ミリも無かったからです。

虫歯になったら早めに歯医者に行って治療をしてもらう。早めに削ってもらう。その感覚以外無かったんですね。あぁ…出来る事なら時間を巻き戻してあの頃の自分に教えてあげたい泣。。。

スポンサードサーチ

歯医者とデンティストの違い

歯医者とデンティストの違い

「医者」といってしまうと、どうしても、悪くなったときにだけ駆け込む所という印象を受けます。実際日本では、悪くなったとき=歯と歯茎が病気にかかったら行きますよね。

一方、dentistというと、それは歯の専門家・スペシャリストを意味し、歯に関することであれば、実際あらゆることに携わるし、アメリカでは歯と歯茎が病気にならないようにします。

  • 歯医者=危機管理に役立つ
  • dentist =リスク管理に役立つ

起こってから対処するか、起こらないように対処しておくか、の違いですね。下記の記事は虫歯にも当てはまります。

合わせて読みたい : 危機管理能力とリスク管理能力【実際にやるべき事】

なぜ日本は虫歯になってから、アメリカはならないように通うの?

なぜ日本は虫歯になってから、アメリカはならないように通うの?

これは保険制度の違いが大きく関係しています。

米国ではそもそも歯科医療には、皆保険がなく、民間の保険しかない。そして、民間保険は、予防処置であればあるほど、そして初期の治療であればあるほど、カバーする率が高まるそうです。

素晴らしい意識づけが出来る保険のシステムだと思いませんか?

例を挙げると、クラウンは虫歯を治療せずに放置していた自己責任ということで、カバーされない。カバーされる内容は、幼児であれば3か月ごとのチェック、クリーニング、フッ素塗布、シーランドなどの予防処置。

また、dentistに行くことは、正当な欠席理由として認められる(びっくり!)ので、米国の子供たちは、学校を休んで昼間に歯科クリニックに通う。Medical and Dentalといって、医科と歯科の治療は対等に扱われるんです。

日本だと、放課後か休みの日に行くのが当たり前ですよね。ここでも日本とアメリカの歯医者の重要性の認識が違っていますね。

ワシントンD.C.出身・在住の友人に聞いてみた

ワシントンD.C.出身・在住の友人に聞いてみた

実際ワシントンD.C.在住のアメリカ人の友人に尋ねたら、かなり細かく料金の平均を教えてもらいましたが、めちゃ高かったです汗。

そもそも、やはりデンティスト=ケア(トリートメント)という認識らしく『ねぇねぇ、アメリカって歯の治療高いの?』と聞くと『なな、アメリカでトリートメントしたいの?』と聞かれました。

なるほど!歯医者=治療(削る・抜く・かぶせ物する)じゃないのか!!こうも歯医者(デンティスト)の認識違うんだーー!と目の当たりにしましたよ笑笑。

【歯磨きの決定版!】おすすめの歯ブラシとブラッシング法【ステマ無し】

上記の記事に、ワシントンD.C.の友人が教えてくれた細かい料金も載ってます。控えめに言って、高すぎてこわい笑…

自分の意識・習慣を変える事が大切

自分の意識・習慣を変える事が大切

もし治療費が今の10倍くらいだったら?

絶対に歯医者には行きたくないですよね。それをアメリカの医療保険でみんな意識が根付いてますが、日本は歯医者での治療が本当に安く(自由診療は別ですが)、手軽に治療できてしまうので、意識を変えていくべきです。

✔️ 今までの虫歯に対する意識

  • 歯が痛くなったら早めに歯医者に行く
  • 虫歯になったら削って治してもらう
  • 痛かったらすぐ神経を抜いてもらう
  • 虫歯になったら治してもらえばいい
  • 虫歯はこわくない

わたしは今までほんとに上記の意識でした。日本の歯科治療が安いため、きっとその感覚が根付いていたのかなと思います。

あとは『痛くなったらすぐ歯医者さん行くから言うんだよ』と言われていたので、完全にその認識で、虫歯がそこまでこわいと思ってなかったです。

✔️ これから歯に対して持つべき意識

  • 日々の歯磨きは本当に大切
  • 虫歯にならないように毎日ケアする
  • 歯茎もしっかりマッサージする
  • 削らない・神経抜かない
  • 歯は元に戻らない
  • 神経を抜いたら歯は死ぬ
  • 虫歯は歯の病気
  • 歯周病は歯茎の病気
  • 歯と歯茎の病気は別もの
  • 歯と歯茎のケアは別々

日本人の今までの意識を理解して、海外のように『絶対に虫歯にならないように小さい頃から徹底してケアしていく』になればいいと思います。

おとながきちんとそれを理解して、子供たちにもその大切さを伝えていきたいです。

なな

 

人気記事子育ては【自分ファースト】でいい!自分をまず大切にしたら周りを愛せる

人気記事ワンオペ育児でもパンクしない方法【とても簡単です】